退職

実を言うと私は今月3月いっぱいで今の会社を退職することが決まっています。
といっても有給休暇の消化のため既に会社には行っていませんが。
実はもう何年も前から今の職場には嫌気が差していて、何度か本気で辞めようと思ったことはあったのですが、その度になんとか踏みとどまりながら今まで勤務してきました。
昔やっていたブログを最近見返してみたのですが、7年前の2012年の投稿で、人生に行き詰っているといった感じの閉塞感に満ち満ちた絶望感漂うエントリーがあり、自分でも驚いたというか呆れました。7年前の私は既に今の職場にはうんざりしていて、人生に行き詰っていたわけです。
なぜ、少なく見積もっても7年もの間嫌気が差して何度も本気で辞めようと思った会社に踏みとどまり今まで勤務し続けていたかといえば、それはもちろん収入のためです。
会社を辞めれば収入が途絶えますから転職しなければなりません。大学も出ておらず、これといった資格もスキルも持ち合わせておらず、ろくな経歴もない中年男にまともな雇用が用意されているほど世の中甘くないことはしっかり分かっているので、身動きがとれず、ただただなんとかストレスに耐えつつ毎日をやり過ごす日々を送ってきました。
しかし、とうとうというかついに限界が来てしまいました。軽いノイローゼ状態というかうつ状態というか、もうこれまでだなという状態。不甲斐ないですがもう精神的にどうにもならなくなってしまいました。私もしょせん生身の人間ですから、我慢するにも、耐えるにも限界というものがあったわけです、残念ながらもうどうしようもありません。
それでも、職場にも会社にも嫌気が差しうんざりしながらも半分やけになってクソ真面目に勤務していたおかげで、有給休暇が期間にして1か月分以上貯まっていたのは救いでしたね。いちおう会社の人達からは惜しまれましたし。「やらなければならないのであればしっかり真面目に徹底的にやる」これはとても大事なことだなとつくづく思います。
退職が決まり、有給休暇の消化期間に入り、もう会社に行かなくてもよくなってくると、まったく何も出来なくなってしまいました。
近所のスーパーに食料を調達しに行く以外はひきこもり状態で、寝転がってTwitterのタイムラインを眺めるばかりの日々。
ストレスと苛立ちが長期間続いていたので精神にダメージが蓄積されていたのでしょう。それに加えて、資産もなく貯金もたいしてない状態で収入が断たれたことの絶望感と恐怖で精神的にどうにもならない感じです。結局、ジ・エンドです。分かってはいたのですが。
「溺れる者は藁をもつかむ」ということわざがありますが、このホームページというかブログは私にとっての藁です。
今の時点ではまだ収益化の仕組みは作れていませんし、そもそも私程度の人間がブログで稼げるほど世の中甘くないのも分かってはいるのですが、溺れ行く私にはやはり藁は必要なのです。経済的にも精神的にも。
このブログが私にとっての遺書になるか収入源になるかと考えると怖いですが、とりあえず今の私に出来ることをやってみます。

タイトルとURLをコピーしました