おすすめのクレジットカード

日本国内にはとても多くのクレジットカード会社が存在し、そしてそれぞれの会社が多くの種類のクレジットカードを発行しています。このエントリーでは、現在日本で発行されている多くのクレジットカードの中で、私が個人的におすすめしたいクレジットカードを紹介します。


● P-oneカード<Standard>

まず1番おすすめのクレジットカードは『P-oneカード<Standard>』です。

P-oneカード<Standard>

三井住友系のクレジットカード会社、ポケットカード株式会社が発行する最もスタンダードなクレジットカード。
年齢, 性別, 住居地域, 収入, ライフスタイル,を問わずすべての人が使いやすくお得で便利なオールラウンドなカードだと思います。
じつは私はこのカードを持っておらず、自分が持っていないカードを一押しするのも変なのですが、間違いなくこのカードはおすすめできます。もし、今後クレジットカードを新しく作る事があれば間違いなくこのカードが欲しいです。
現在日本で発行されているクレジットカードの中ではどちらかというとマイナーで、持っている人も多くなく、クレジットカードを扱うサイトなどでもあまり紹介されることのない知る人ぞ知る的なクレジットカードとなっているのですが、とても不思議でもったいないです。
まず、年会費完全無料で利用金額に対する還元率が1% 。これは楽天カードやオリコカード・ザ・ポイント、ヤフーカードなどと同じでこれだけでも持っていて損のない最もお得な部類のクレジットカードです。
そして私がこのカードを1番おすすめする理由にもなっているこのカードの特徴は、利用額に対しての還元がポイントではなく請求額からの割引であるという点です。1%分のキャッシュバックという事ですね。例えば1か月合計50,000円分利用したら、その月の支払いは1%割引の49,500円になるわけです。しかもこれが毎月自動で割り引かれて請求(引き落とし) されるとのこと。ほとんどのクレジットカードはポイントによる還元で、中には使いずらいポイントやあまり自分に合わないポイントもあり、しかも1年や2年の使用期限があります。その点、このカードは毎月自動で利用請求額から割り引かれるのですから、圧倒的に便利でお得だと思うのです。
その他のサービスも他のカード会社よりも手厚い感じです。有料サービスとして年会費1,800円で契約できる「ポケット・サポート・サービス」というものもあり、このサービスに契約すると、カーライフサポート, ハウスサポート, ライフサポート,というかなり実用的で幅広く手厚いサービスが受けられます。これは他のクレジットカード会社には用意されていない特徴的で便利なオプションサービスです。カードの年会費が完全無料なので、サービスの内容からすれば年1,800円は決して高くはないでしょう。必要だと思われれば契約すると良いと思います。
決済ブランドは『VISA』『Mastercard』『JCB』の中から選べます。日本国内でのサービスや使い勝手に大きな違いはないのでどの決済ブランドを選択しても良いのですが、海外旅行時のサービスに違いがあるため、海外で使用する可能性がある人は『VISA』ブランドを選択するのが良いかと思います。
国内外を問わず、クレジットカードでの支払いを受け付けているお店やサービスは、ほぼ『VISA』が通用します。


●「ビュー・スイカ」カード

次におすすめするのは『「ビュー・スイカ」カード』です。

「ビュー・スイカ」カード

JR東日本の子会社である株式会社ビューカードが発行するクレジットカードで、数あるビューカードの中で最もスタンダードな、言わばビューカードのプロパーカード的なクレジットカード。
このカードは私が持っている唯一のクレジットカードです。
ビュー・スイカカードはその名の通り交通系電子マネーのSuicaを搭載したクレジットカードで、Suicaへのチャージをクレジット決済によって行う事に最大の価値を置くカードです。Suicaへのチャージでチャージ額に対して1.5%のポイントが付きます。スタンダードクラスのクレジットカードで還元率1.5%はおそらく国内最高の還元率です、もちろんSuicaへのチャージという限定的な使い方に限られますが。
普通にクレジットカードとして支払いに使う場合は0.5%の還元率でごく一般的な還元率となるものの、この一般支払いの0.5%還元分の利用額が年間30万円を超えると額に応じてボーナスポイントというものが付与されるのは非常にありがたいところです。
ポイントは1ポイントを1円分としてSuicaにチャージできるのでポイントの使い勝手は非常に良いです。
そして凄いのが有効期限です。ポイントを獲得もしくは利用する事によってポイントの残数が変動するごとに、ポイントの有効期限がポイントの全残数ごとまとめて2年後まで延長するので、カードを使い続けている限りポイントの有効期限は実質無期限という事になります。これはセゾンカードの「永久不滅ポイント」に匹敵する凄さです。ポイントの還元率や使い勝手はこちらの方が上なので、Suicaにチャージして使う事を前提にすれば、すべてのクレジットカードの中で最もポイントが貯めやく使いやすいカードだと言えます。
Suicaは、『Kitaca』『PASMO』『TOICA』『manaca』『ICOCA』『SUGOCA』『nimoca』『はやかけん』と共に「交通系ICカード全国相互利用サービス」に対応しているので、これらの交通系電子マネーの使い勝手の良いエリアであれば、このカードはおすすめのクレジットカードになり得ます。
Suicaへのクレジットチャージに関してはこのビュー・スイカカード限定で、Suica圏(JR) とPASMO圏(私鉄,地下鉄) の両圏でのオートチャージを行う事ができ、またSuica圏の駅では多機能券売機でチャージができます。Suica圏外でも主要駅やビックカメラにATMの「VIEW ALTTE」があればクレジットチャージができます。
さらに、交通系電子マネーの中でSuicaだけに採用されているスマートフォンのアプリを利用したモバイルSuicaであれば、住んでいる地域に関係なくクレジットチャージができます。

モバイルSuica

年会費は524円(税込み) と元々安く設定されていますが、紙の利用明細書を郵送で受け取らずにWEBでの閲覧で済ませるようにすればWeb明細ポイントというものが付くため、実質無料です。
ビューカードも決算ブランドは『VISA』『Mastercard』『JCB』の中から選べます。JCBはディズニーと提携していてディズニー関連のキャンペーンをやったりしているので、ディズニー好きな人はJCBを選択すると良いかもしれません。ただし、JCBは海外では国や地域によっては使えるお店などがかなり限られる場合があるので、海外でも使用する可能性がある場合は『VISA』か『Mastercard』にしておいた方が良いでしょう。


● REX CARD (レックスカード)

このエントリー最後のおすすめクレジットカードは『REX CARD』です。

REX CARD

三菱UFJ銀行と関係の深い信販会社の株式会社ジャックスが、インターネット関連サービス事業を行っている株式会社カカクコムとの提携によって発行するクレジットカード。
このカードの最大の特徴はポイント還元率が1.25%とスタンダードカードの中では最高の還元率である事です。使い方に縛られる事なく通常の支払いで常にこの還元率です。ポイントは1ポイント1円として月額利用代金の支払いの割引に使えるので非常に使いやすく便利です。
ちょっと気になるのはポイントの付与の仕方で、月の利用合計額に対して2,000円単位で25ポイントが付くという事。2,000円で25ポイントで4,000円で50ポイントと2,000円単位なので、2,000円に若干届かない場合、例えば分かりやすく言うと3,999円なら25ポイントになってしまうので、ポイントのロスが大きいとも感じられます。しかし、あくまでも1か月分の合計金額に対しての計算になるので、それほど大きなロスにはならないと思います。
ポイントを割引に使えるのは1500ポイント1,500円分単位で、「Jデポ」という割引枠に交換する事により行われます。ポイントの有効期限は2年。
カードの年会費は完全無料です。
決済ブランドは『VISA』『Mastercard』のどちらかを選べます。特に説明はされていないのですが、公式に上げられているカードの画像にはVISAブランドの方にタッチ決済(コンタクトレス) のマークが付いているので、VISAブランドの選択をおすすめします。タッチ決済(コンタクトレス) はSuica等電子マネーと同じように読み取り機にタッチするだけで決済が完了する便利な国際規格です。日本では対応しているお店がまだあまりありませんが、世界的に取り入れられているので、今後日本でも普及すると思われます。

Visaのタッチ決済(非接触決済)


素敵なクレジットカードライフを

以上が2019年12月の現時点で私がおすすめするクレジットカードになります。
この他、人それぞれ、年齢, 性別, 居住地域, 収入, ライフスタイル,によってもっとピンポイントに自分に合うカードもあると思います。クレジットカードを発行している企業, 提携している企業, 提携している決済ブランド,など様々な選択が可能です。クレジットカードの勧誘に勧められるままにカードを作ったり、多くの人が使っているからという理由でそのカードを作ったりするよりも、自力でじっくりと調べて自分にとって最も使いやすく、もっともお得になるようなカードを見つけるのも楽しいし、勉強になると思います。
最後に、クレジットカード会社は手数料収入を得たいために「リボ払い」というものをアピールしたり勧めてきたりしていますが、リボ払いをするとリボ払い手数料というのを本来の返済額に上乗せして払わなければならず、また繰越額が増え続けて支払いに困窮してしまうことにもなりかねないので、リボ払いを利用するのは止めましょう。


ブログ内関連エントリー :

タイトルとURLをコピーしました