『デビットカード』とは何か (ブランドデビットと J-Debit(ジェイデビット) )

クレジットカードを持っていなくても

お店での商品の購入や、家賃, 電気, ガス, 水道料金の支払い、保険料や税金の支払いまで、お金の支払いは現状でもごく一部の例外を除いて必ず《現金》での支払いか《口座》からの引き落としによって行う事が可能です。そのため必ずしもキャッシュレスでの支払い手段を持たなければ困るという事にはなりません。
しかし、ネット経由では、『VISA』『Mastercard』『JCB』といった国際ブランドと言われる普及率と汎用性と信頼性の高い決済ブランドの決済システムを使わないと支払いが行えないというケースがあります。

日本では少し前までこのような決済ブランドの利用はクレジットカードによってしか行えないという状況だったのですが、ここ数年で多くの銀行が口座のキャッシュカードにこの国際決済ブランドを付帯した「デビットカード (ブランドデビット)」というものを発行するようになったため、クレジットカードを持っていなくても売買での支払いに関しては VISA, Mastercard, JCB といった決済システムを利用する事が可能になりました。

〇 リンク先の各サイトの下の方に発行している銀行一覧が載っています

VISAブランド搭載デビットカード

Mastercardブランド搭載デビットカード

JCBブランド搭載デビットカード

クレジットカードとデビットカードの違いですが、クレジットカードは、1か月単位でカード会社に支払いを肩代わりしてもらい、後でまとめてカード会社に返済するという後払い方式ですが、デビットカードは支払いをしたその時点で自分の銀行口座の残高から料金が引き落とされるという即時払い方式です。

デビットカードは《支払い機能の付いたキャッシュカード》です。現金を使わずにキャッシュカードを使って支払いをする事で、「キャッシュカードを使ってATMなどで銀行口座から現金を引き出して、その引き出した現金で支払いをする」という手間を省略できるわけです。ATM利用時の手数料の節約にもなりますね。
海外では普及しているこのデビットカードが日本で普及してこなかった理由は、日本の銀行が最近までキャッシュカードに VISA や Mastercard や JCB といった汎用性の高い決済ブランドの決済機能を付帯していなかったからです。
ではなぜ日本の銀行がキャッシュカードに決済ブランドを付けていなかったかというと、それは日本独自規格の『J-Debt (ジェイデビット)』という規格によってキャッシュカードによる支払いを可能としていたからです。

じつは VISA, Mastercard, JCB といった決済ブランドが付帯いていない今までのキャッシュカードでもこのシステムによって J-Debt加盟店であればキャッシュカードでの支払いは可能です。

J-Debit

この J-Debit は2000年の3月から利用が開始されていますが、利用者が増えないまま今に至っているようです。利用者が増えなかった理由としては、利用開始当時はまだキャッシュレス決済がそれほど必要とされていなかった事に加えて、参加する加盟店が少なく、使えるお店がかなり限定的で汎用性が低かった事、キャッシュカードは銀行口座にお金を預け入れたり下ろしたりすためのカードとして使用されてきた歴史が長く、支払いに使うという発想に変えられなかった事などといったところでしょう。
VISA, Mastercard, JCB といった決済ブランドを付帯したデビットカードの事を「ブランドデビット」と言ったりするのはこの J-Debit(ジェイデビット) と区別するためです。
『ブランドデビット』と『J-Debit』は決済システムが違っていて、日本で「デビットカード」と言うと、VISA, Mastercard, JCB といった決済システムとは別に作られた J-Debit の事になります。ブランドデビットはクレジットカードと同じ VISA, Mastercard, JCB のシステムを使うため、「クレジットカード」の扱いになります。なので決済ブランドの付いていないキャッシュカードを使って支払いをする時は「デビットカードで」もしくは「ジェイデビットで」と言う必要があり、ブランドデビットで支払いをする時は「クレジットカードで」と言う必要があります。ここはかなりややこしいところですね。ただ、ブランドデビットの場合は店員さんが『VISA』『Mastercard』『JCB』といったマークを確認できる場合 (店員さんにカードを渡して決済するレジなどの場合) は無言でカードを渡せばそのままクレジットカードと理解してくれると思いますが。

J-Debit = デビットカードとして決済

ブランドデビット = クレジットカードとして決済

クレジットカードを作れるのは20歳もしくは18歳(親権者の同意が取れる事、高校在学中は不可) からですが、ブランドデビットは16歳もしくは15歳(学齢期間中(15歳になった日以降の最初の3月31日まで) は不可) から所得可能なので、クレジットカードが作れるようになるまではブランドデビットを使うと良いと思います。また、クレジットカードを作る時のような信用審査がありませんから、クレジットカードの審査に通らない人でも、ブランドデビットを発行している銀行の口座を開設する事ができれば持つ事が可能です。
銀行口座の開設自体は15歳以下でも開設できる銀行が一般的です。銀行口座を開設した際にはキャッシュカードが発行されますから、ブランドデビットが作れる年齢になるまでは、J-Debit に加盟しているお店限定ですが、キャッシュカードをデビットカードとして使用するのも良いかもしれませんね。

デビットカードは、ブランドデビットにしろ、J-Debit にしろ現状では認知度が低いですが、クレジットカード以外でもブランドデビットカードで『VISA』や『Mastercard』や『JCB』といった決済ブランドが利用可能であるという事はもっと知られて良いと思います。
ただし、クレジットカードで支払いが出来てもデビットカードでは支払いを受け付けていないというケースや、クレジットカードで契約が出来てもデビットカードでは契約を受け付けていないというケースが少なからずあります。ブランドデビットであっても、デビットカードはあくまでも実店舗やネットショップでの商品の購入という使い方に限定されます。
また、デビットカードでの支払いは債務を負わない分、クレジットカードのように返済実績を積んで、自分の個人信用を確保するという事ができません。
ですので、出来るのであればクレジットカードは作っておいた方が良いです。


ブログ内関連エントリー :

タイトルとURLをコピーしました