クレジットカードを使った方が良い理由

《返済》によって個人信用を確保する

今現在、お金を払う手段は『現金』『商品券』『口座振替』『クレジットカード』『デビットカード』『プリペイドカード』『電子マネー』『QRコード』と多く存在しています。
これらの支払い手段の中で、ある程度の歴史があり、また高い知名度と普及率がありながら現在でも特異な存在なのが『クレジットカード』です。

クレジットカードの特異なところは、支払い時に自分のお金を支払わずにクレジットカード会社に代わりに支払ってもらって、後でクレジットカード会社に支払ってもらった額を返済するという支払い方式です。「後払い」などとも言われていますね。基本的に『ローン』と同じですが、ローンは高額商品の購入に限定され、借りた額に利子を上乗せして返済する必要があるのに対し、クレジットカードはスーパーやコンビニ、ドラッグストアでの買い物や公共料金、通信費の支払いなどで日常的に使用でき、1回払いであれば利子を払う必要はなく利用した額だけを返済すれば良いという点で違います。
この《支払いを肩代わりしてもらって後で返済する》という方式は、利用し続ける事によって返済実績を作る事になり、その実績が個人の社会的信用になります。
この返済実績による個人信用の構築はクレジットカードとローン以外の支払い手段ではできません。
近年では現金を使わずに支払いを行うキャッシュレス決済の手段が増えているため、昔にくらべると相対的にクレジットカードの必要性は下がっていますが、このクレジットカードの特異性は他の決済手段にはない価値です。

もともとクレジットカードは定番のキャッシュレス決済として、硬貨や紙幣での支払いとお釣りのやり取りという面倒がない手段として便利であり、また現金の持ち合わせが無い、もしくは足りない場合でもカードがあれば支払いを行う事ができ、さらには支払い額に対してポイントがもらえたり、キャッシュバックがあったりするのでそれだけでも利用価値があります。
クレジットカード決済で使われる『VISA』『Mastercard』『JCB』『American Express』等の決済ブランドは多くの地域やシステムで普及しているため、電子マネーやQRコードよりも支払いに使える機会が多いのも便利です。

これらの決済ブランドは国境を越えて使えるので「国際ブランド」などといわれます。特にVISAやMastercardは世界の多くの国で普及しています。
また、クレジットカードは信用が高いため、クレジットカードによってのみ契約できるサービスというものもあったりします。
カードによってはプリペイドカード, 電子マネー, QRコード のチャージに使える場合もあるので、それらの決済手段の利用時に間接的に使う事も可能です。

クレジットカードを持つためにはクレジットカード会社に申請して審査に通る必要があります。基本的には申請を受け付けるのは20歳からですが、多くのカード会社は未成年者でも親権者の同意が取れる事と高校生ではない事(卒業済みもしくは社会人) を条件に18歳から申請を受け付けているのでその条件をクリアしていれば18歳から持つ事が可能です。
審査は年を取るほど厳しくなっていくのでなるべく若いうちに作っておいた方が良いです。

支払い手段が多くなり、それぞれの手段ごとの決済ブランドもひたすら増え続けている事で、支払いにどの手段を使うのが良いのかわかりづらい所ですが、日々の支払いで個人信用を作れるのはクレジットカードだけなので、支払い手段はクレジットカードを基本に考える事をおすすめします。


ブログ内関連エントリー :

タイトルとURLをコピーしました