『プリペイドカード』とは何か (電子マネーとブランドプリペイド)

手軽な決済カード

現金を使わないキャッシュレスな支払い手段として、『クレジットカード』『デビットカード』『電子マネー』『QRコード決済』といったものと共に『プリペイドカード』というものがあります。
プリペイド(Prepaid) とは、「払い済み」「前払いの」といった意味で、前払い式の決済方式の呼称に使われています。
プリペイドカードは、支払いをする以前にお金をカードにチャージ(入金) しておき、カードを使って支払いをした時にその価格分が、チャージされている金額から引かれる仕組みです。なので「前払い」なわけです。
デビットカードのように銀行口座とセットになってはいないのでキャッシュカードの機能はなく、決済のみに使えるカードです。またクレジットカードのように金融会社にお金を立替で払ってもらうわけではないので、作る時に信用審査もありません。作れる年齢もクレジットカードでは18歳以上でないと申し込めませんが、プリペイドカードはカードによって違いがあるものの、親の同意があれば子供でも発行可能なものも多いです。
カードにチャージされている額までしか使えないので利用を自己コントロールしやすく、使いすぎの心配もありません。仮に不正使用されてしまった場合でも、被害はチャージされている金額内に留まります。ただし、クレジットカードやデビットカードは不正使用された場合、保証により返金されるケースが多いのに対し、プリペイドカードの場合は保証はありませんのでその点は留意が必要です。
プリペイドカードは、作りやすさや、セキュリティーの面で総じて手軽な決済カードと言えます。

『プリペイドカード』のわかりずらさ

そんなプリペイドカードですが、昨今のキャッシュレス決済サービスの乱立で「プリペイドカード」という分類の指し示す範囲がわかりづらくなっていると感じます。
たとえば「電子マネー」と言われるものの多くがプリペイド式の決済方式を採用しているのですが、電子マネーには「交通系」「流通系」「ポストペイ式」といった種類があり、その内「ポストペイ式」はその名の通りプリペイド式ではなく後払い式の電子マネーであり、また「交通系電子マネー」の中にも後払い式のものがあったりもします。さらには VISA, Mastercard, JCB といったマークの付いたクレジットカードのようなプリペイド式のカードも存在し、時にはそれらまでも電子マネーなどとも言われたりしていて、かなりややこしい状況です。
そこでここから、具体的にどういう「プリペイドカード」があるのか、またどの決済ブランドが「プリペイドカード」なのかについて、大まかに『電子マネー』と『国際ブランド』に分けて私なりに説明を試みてみようと思います。


● 電子マネー

「電子マネー」と言われる物の多くがプリペイドカードです。
先に書いた通り、電子マネーと呼ばれるものの中には「交通系電子マネー」「流通系電子マネー」「ポストペイ式電子マネー」といったものがあるのですが、この内、「ポストペイ式電子マネー」の『iD』と『QUICPay』、そして「交通系電子マネー」の中の『PiTaPa』の計3ブランドの電子マネーが後払い式で、それ以外のすべての電子マネーが事前にチャージして使う「プリペイド式」です。ただしPiTaPaはチャージして使う事も出来るのでややこしいのですが、他の電子マネーが事前にチャージして使う事しかできないプリペイド専用カードであるのに対して、あくまでもPiTaPaは〈プリペイドカードとしても使う事ができるポストペイ式カード〉なので『プリペイドカード』には分類されません。
交通系電子マネーも流通系電子マネーも多くの業者がそれぞれに独自のプリペイド式電子マネーを多数発行していますが、交通系では特に〈交通系ICカード全国相互利用サービス〉に参加している『Kitaca』『Suica』『PASMO』『TOICA』『manaca』『ICOCA』『SUGOCA』『nimoca』『はやかけん』の9ブランドが多く使われています。

これら以外にも『SAPICA』『icsca』『NORUCA』『りゅーと』『ecomyca』『LuLuCa』『IruCa』『PASPY』『Rapica』『OKICA』など、全国の鉄道, バス事業者がそれぞれにプリペイド式の電子マネーを発行しています。

流通系では、企業を横断して使う事ができる比較的汎用性が高い『楽天Edy』『nanaco』『WAON』の3ブランドが多く使われています。

この他にも、『Tマネー』『majica』『スターバックスカード』『タリーズカード』『ドトールバリューカード』『吉野家プリカ』『モスカード』など、小売りや外食企業が各社独自のプリペイド式の電子マネーを発行しています。


● 国際ブランド

『VISA』『Mastercard』『JCB』といったクレジットカードでおなじみの国際ブランドのプリペイドカードもあります。
国際ブランドは電子マネー登場以前から使われてきた老舗の決済ブランドです。鉄道やバスでの乗車カードとしては利用できないものの、普及率は高く、今でも多くの場面で支払いに利用できます。

この国際ブランドのプリペイドカードは、電子マネーと区別して「ブランドプリペイド」と呼称されたりもします。
プリペイドカードなのですが、『VISA』『Mastercard』『JCB』といったクレジットカードと共通の国際ブランドでの決済になるため、お店側のレジシステムではクレジットカードとしての認識になります。なのでレジでクレジットカードなのかプリペイドカードなのかを店の側が知る必要があるような特別な場合以外では「プリペイドカードで」などと言う必要はありません。どちらかと言えば「クレジットカードで」と言った方がわかりやすく混乱しないぐらいです。カードを出せば店員さんもレジも自動的にクレジットカードとして認識すると思いますのでそのままにまかせればよいです。このあたりはけっこうややこしいですね。レジでの操作の仕方もクレジットカードと同じになります。
ただし、クレジットカードでは支払いを受け付けられている《公共料金》《通信費》《放送料金》《ガソリンスタンド》《高速道路料金》《プリペイドカードへのチャージ》一部例外を除き《飛行機の機内販売》その他《長期契約サービスの月額利用料》等の支払いには対応しておらず、使用できるのは、ネットや実店舗での商品の購入や飲食での支払いに限定されているという点は理解しておく必要があります。
Kyash』『カンム』『LINE』『三井住友カード』『セゾンカード』『JCB』といった企業が国際ブランドのプリペイドカードを発行しています。

まとめ

以上のカードが『プリペイドカード』です。
決済カードの呼称はまちまちですが、「プリペイド」というのはあくまでも、前もってカード(もしくはモバイル決済アプリ) にチャージ(入金もしくは購入) しておくという方式の事なので、この、事前チャージ(事前購入) 式か否かが判断基準になるわけです。


ブログ内関連エントリー :

タイトルとURLをコピーしました