利息を多く受け取れるお得な銀行口座

金利の高い普通預金口座ランキング 金利ベスト9

※ 条件の記載がある口座はその条件を満たした場合の金利です。
※ 金利は市場金利の動向などによって見直される場合があります。
※ 全て税引前の利率です。

あおぞら銀行 : 0.2%
(条件 : BANK支店での口座開設)

ローソン銀行 : 0.15%
(条件 : 貯金残高300万円以上

GMOあおぞらネット銀行 : 0.11%
(条件 : GMOクリック証券連携証券コネクト口座の申し込み)

楽天銀行 : 0.1%
(条件 : 楽天証券連携マネーブリッジの申し込み)

SBJ銀行 : 0.1%
(条件 : 普通貯金プラスの申し込み)

イオン銀行 : 0.1%
(条件 : イオン銀行Myステージがプラチナステージ)

東京スター銀行 : 0.1%
(条件 : 給与振込口座に指定)

auじぶん銀行 : 0.1%
(条件 : auカブコム証券連携マネーコネクトの申し込み)

イオン銀行 : 0.05%
(条件 : イオン銀行Myステージがゴールドテージ)

楽天銀行 : 0.04%
(条件 : 楽天カード利用代金引き落としあり

イオン銀行 : 0.03%
(条件 : イオン銀行Myステージがシルバーステージ)

楽天銀行 : 0.02%
(条件なし)

SBJ銀行 : 0.02%
(条件なし)

住信SBIネット銀行 : 0.01%
(条件 : SBI証券連携ハイブリッド貯金に申し込み)

⑨ イオン銀行 : 0.01%
(条件 : イオン銀行Myステージがブロンズステージ)



『ゆうちょ銀行』『三菱UFJ銀行』『三井住友銀行』『みずほ銀行』『りそな銀行』といった大手の銀行や地方銀行、そしてネット銀行の多くも普通貯金口座の金利は概して0.001%となっています。
そんな中で上記銀行の普通貯金口座は10倍から200倍の金利を設定しています。
条件を満たす事が厳しいものもありますが、最も金利が良い『あおぞら銀行』の『BANK支店』での開設というのは、初めからBANK支店で口座を開設すれば良いわけですから、特に条件は無いとも考えられます。
ただし、これらの口座の銀行は企業によっては給与振り込みに指定できなかったり、公共料金などの引き落としに指定できなかったりするものもあります。なので財布としての口座ではなく貯金用の口座としておすすめします。


ブログ内関連エントリー :

タイトルとURLをコピーしました