『右翼』と『左翼』は反対ではなくセットであるということ

「右翼」「左翼」という依存関係と「中道」という立場

政治的立場に「右翼」「左翼」というものがあります。
現代日本ではおおよそ右翼は国家を重要視し、また、競争を悪しきものとはせず、個人の能力による財力や立場の格差の尊重を重要視します。「保守」とも言われています。
対して左翼は国家権力を嫌い個人どうしの連帯を重要視し、また、競争を悪しきものとし、個人の能力による財力や立場の格差を嫌い、結果の平等を重要視します。「革新」「リベラル」などとも言われます。この二つの立場は対立しています。
そして、どちらの立場も取らない人達は「ノンポリ」(nonpoliticalの略) などと言われたりします。「ノンポリ」は政治的な考えを持たなかったり、考える事をしない人達を指す感じですが、政治的な考えをしっかりと持ったうえで右翼や左翼のどちらにもつかない人達もいます。そういう人達は「中道」と言われています。
中道の人達は右翼や左翼といった立場に囚われずそれぞれの問題を是々非々で考えます。
政治的立場というと右翼と左翼の二項対立が目立ちますが、それはお互いに硬直的で偏った考えの人達が連帯しているからで、実際はノンポリや中道の人達の方が多数です。そして右翼や左翼の人達は自身の正当性アピールのために《間違っている相手》(右翼にとっては左翼、左翼にとっては右翼) を必要とします。そういう意味で右翼と左翼は表面的には対立関係ですが、その実態は依存関係と言えます。むしろ実際のところは、党派に縛られる事なく是々非々で考える事ができる「中道」と、党派に縛られていがみ合いながら依存関係を続ける「右翼と左翼」が政治的対立関係であろうと私は考えています。

一般的イメージ : 右翼 ⇦ 対立 ⇨ 左翼

    実際  : 中道 ⇦ 対立 ⇨ (右翼 ⇔ 依存 ⇔ 左翼)

こう書くと「中道」が右翼や左翼のような第三の政治的立場のように見えてしまうかもしれませんが、それぞれにしっかりとした考えを持ちながらも右翼や左翼といった立場を取らない人達が中道と言われているだけで、一枚岩というわけではありません。人によりはしますが、「右翼」や「左翼」の人達は《連帯》《党派》を重要視し、「中道」の人達はどちらかと言うと《個人》《自由》を重要視する傾向があるような感じがします。

連帯, 党派 : 右翼 左翼

自由, 個人 : 中道

「右の人達の主張が正しくて左の人達の主張が間違い」や「左の人達の主張が正しくて右の人達の主張が間違い」といった二項対立による党派に組み込まれてしまうと、結果としてどちらも全体主義に向かうと私は考えます。

タイトルとURLをコピーしました