タッチ決済とは何か

『VISA』や『Mastercard』が電子マネーのように使える

● 電子マネーの優位性と弱点 / NFC 日本独自仕様FeliCa

キャッシュレスの進まない日本でも最近はそこそこ現金以外の方法で支払う人も増えてきているのではないでしょうか。私はもう何年も前から電子マネーのSuica と VISAのクレジットカードを使っていて、支払いはほぼキャッシュレスです。Suica等の交通系電子マネーは使えるお店が増え続けているのでますます使いやすくなっています。

電子マネーの利点はなんといっても支払いが楽なところです。カードを店員に渡す必要も、カード読み取り機に差し込む必要もなく、財布やカードケースに入れたままレジの読み取り機にかざす (当てる) だけで支払いが終わります。サインを書いたり暗証番号を打つ必要もありません。スマートフォンでもアプリにクレジットカードを登録すれば使う事ができます。支払いの楽さ加減、効率の良さではクレジットカードやデビットカードを完全に凌駕しています。スマートフォンでもQRコード決済などは使う気になりません。

私が電子マネーのSuicaで支払いをしているところ
私が電子マネーのSuicaで支払いをしているところ

電子マネーに使われているこの技術は、「NFC」(Near Field Communication)、日本語では「近距離無線通信」と言われているもので、カードやスマートフォンと読み取り機の間を無線通信でやり取りするという物です。無線通信なので読み取り機と接触させる必要もなく、カードは財布やカードケースに入れたまま、スマートフォンでもケースを付けたままで認証されます。なので非接触決済などと言われています。

そんな、キャッシュレスの決定版ともいえる電子マネーですが、日本の電子マネーは同じ NFC の中でも国際規格とは違う FeliCa という独自仕様になっているため、他国の決済システムとの互換性がないという大きな弱点があります。各国の人達が国を跨いで旅行をしたりビジネスをしたり住んだりする時代にこれはけっこうな弱点です。

● キャッシュレス決済の大本命『タッチ決済』/ NFC 国際統一規格

海外の多くの国では『VISA』『Mastercard』などの国際決済ブランドのクレジットカードやデビットカードに「Contactless」という名称で国際統一規格の NFC が搭載されているのですが、ここ数年で日本のクレジットカードやデビットカードやブランドプリペイドカードにもこの国際規格の NFC が搭載されるようになってきました。これがキャッシュレス決済の大本命だと思います。
特に VISA が力をいれていて、日本国内では「タッチ決済」という名称でプロモーションしています。

上のマークがタッチ決済 (Contactless) のマークで、向かって右側のシンプルな方がタッチ決済機能搭載のカードに付いているマークです。

VISA タッチ決済紹介ページ

AMERICAN EXPRESS タッチ決済紹介ページ

地域や企業に関係なく日本全国、全てのお店やサイトで共通して使え、さらには世界の多くの国でも共通して使える『VISA』『Mastercard』『JCB』『AMEX』といった国際決済ブランドのカードが、『Suica』『QUICPay』『iD』『nanaco』『WAON』といった電子マネーと同じ方法でレジでの支払いが出来るのですから最強だと思います。

タッチ決済での支払いを受け付けているお店は増え続けているのですが、現状ではそのお店のレジ担当者がタッチ決済を知らないという場合が多く、タッチ決済対応のお店でタッチ決済を利用しようとしても理解されないという状況が多いのは困りものです。しかし、タッチ決済が普及するに従ってこの状況も改善されていくと思います。


ブログ内関連エントリー :

タイトルとURLをコピーしました