「リボ払い」という罠

積み重なる利用残高と手数料

クレジットカードに「リボ払い」というものがあります。クレジットカード会社がもうかるので目立つようにプロモーションされていますが、私たち消費者の側からすると損になるので基本的に利用しない方が良いです。

「リボ払い」というのは利用額の支払い方法の事で、月々の利用額にかかわらず支払いを毎月少額の一定額にできるので、一時的に支払い額を抑える事ができるのですが、残りの額を先送りにするだけなので、毎月使い続けていくと支払わなければならない残高が積み重なっていきます。
例えば支払い金額を5,000円と設定しておけば、ひと月ごとの利用合計額がそれぞれ「11,600円」「42,100円」「4,300円」「26,700円」「9,200円」「21,400円」などとなるような使い方を6か月間続けた場合でも支払いは5,000円で一定となります。しかし当然、残りの額は繰り越されて溜まっていき、この場合の未払い分は計85,300円になります。

リボ払いの支払い額を5,000円に設定した場合の例

月々の支払い金額を減らしても自分が使った分は全額支払わなければならない事に変わりはありませんから、このような支払い方法を続けていくと後が大変になるだけです。完済するまでカードの利用を控えるか、支払える時にまとめて支払う必要に迫られますね。
それでもこれだけなら自分が使った金額を支払うわけですから当然であり、別に損しているわけではありません。問題は、リボ払いによる支払いには利用金額に対して年率15%程度のリボ払い手数料というものが支払いが完了するまで毎月加算され続ける事で、利用した金額よりも手数料分多く支払う事になるわけです。これがバカにならないのです。
毎月完済されない分の利用残高が積み重なっていくのに加えて手数料が加算され続けていくので、月々の支払い額を抑えられるからといってしっかりと考えずにリボ払いでの利用を続けていると、気づいた時には大変な事になりかねません。
クレジットカードによっては初めからリボ払いに設定されている物もあり、さらにはその事がわかりずらい物もあるので、クレジットカードを申し込む時には事前にしっかり確認する必要があります。また、リボ払いに設定する事を促すようなプロモーションをしているカード会社もありますが、乗らないように。
一時的に返済金額を下げられるという甘い罠にハマらないようにしょましょう。


ブログ内関連エントリー :

タイトルとURLをコピーしました